very fond of music Steve Vai The Story of Light 2013 vol.4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steve Vai The Story of Light 2013 vol.4

はい、今日も懲りずに 続けます^^;

場内が暗転し、金属音のSEが流れ 現れたるは...

動画で是非→"The Ultra Zone"
"The Ultra Zone" アルバムジャケのギターを手にしてるのわかります?
次は、衣装へのプロジェクションマッピング希望デス。

  長年気になっているのが、この金属音SE。
  UZのクレジットにある、
  "Distorted Reality 1&2" By Eric Persing あたりかしら。
  時々TVなどでも使われたりして、ドキッとします。

続いては、ウルトラLEDスーツとギター熱を冷ますかのように "Frank"。
すきなんだよな~この曲。アームで音程とるとことか、すごいなー。
シンプルそうな曲ですが、Vai要素満載です。

"Frank"を終え、Vaiが場内に「次の曲はまだ完成してないから、誰か手伝って!」と
場内から、ばんばん手があがるも、まず最前列から男性。
そして続いてスルスルと引き上げられたのは女性。なんと、この女性がYさんなのでありました!
たぶん日本で一番Vaiから信頼をうけている方かと。他人事ですが、すごく嬉しかったなー...。
(ちなみに赤坂ブリッツでステージに上がった男性も、ファンの間では有名ですね。)

ステージにあがったお二人は、それぞれベースライン、リズム、ギターへVaiと共に指示を出し
即興で曲を演奏させるという、Zappa門下生ならではの企画。

ついで、会場からパワーをあつめ "For the Love of God"へ。
ハモらせ具合も、ちょっと昔と違ってきてる?!など思うも、
これまでのソロライブを振り返っていたのでした。
 F/Gでは、映画クロスロードのギターバトルの再現が印象深いかったし、
 UZでは トリプルネックの登場や、Mike Keneally以外に Dave Weinerを加え
 より厚みを増したギターサウンドで楽しませてくれたなぁ...
 アンコールのLibatyでのキラキラテープとか...
              でもLOGは本編の締めだから、ちと切なくなる。
そして、Vaiは楽々6フレぐわしの構えで 幕を閉じる。

なんと、アンコールは、Libatyではなかった...orz

わたしが長年メルアドに使用させてもらってるくらい大好きなナンバー
"Taurus Bulba" でございました!
F/G収録の "Fire Garden Suite" の最終章です。
UZでは"Angel Food". そして今回のツアーでは"Pusa Road" と "Taurus Bulba"。
欲を言えば、"Bankok"から "Fire Garden Suite" 全編聴きたかったなぁ。

2時間半たっぷりの "Steve Vai world"。
Vaiのライブショウは、ただのギタリストライブじゃないから、
またしばらくの間、他のアーチストライブ行っても 物足りなくなっちゃう...。

本当に素晴らしいステージをありがとう。
次回はあまりあいだを空けないで来てほしいな。

おわり
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

9356taurus

Author:9356taurus
「9356」です
あれこれ お気に入り
書いてます
よろしくで~す♪

カテゴリ
TOTO (5)
HR/HM (2)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。