very fond of music Buzz Feiten
fc2ブログ

Larsen, Feiten Band

Larsen, Feiten Band

Neil Larsen (Key)
Howard "Buzz" Feiten (G)
Willie Weeks (bass)
Art Rodriguez(ds)
Lenny Castro(per)
Larry Williams隊(^^;)

1. Who'll Be the Fool Tonight
2. Danger Zone
3. Further Notice
4. Over
5. She's Not in Love
6. Morning Star
7. Make It
8. Aztec Legend

★ちょっとだけ、このアルバム『Larsen, Feiten Band』について...
1980年発売当時流行な雰囲気のAOR/Fusion的ではありますが
なんのなんの!
Larry Williams隊ブレンドの Fusion/Soul/Rockでーす。
1曲目の"Who'll Be the Fool Tonight"、
5曲目の"She's not in Love"
7曲目"Make It"は「ぐっ」ときます。
Buzzのギターは言わずもがな、かっちょいい!

★key:Neil Larsenと、Guitar:Buzz Feitenの出発は
1972年「FullMoon/FullMoon」ですが、後に
それぞれの道を歩み、 Neil Larsenは「Soul Survivors」参加を経て
1978年に、1stソロ『Jungle Fever』をリリース。


2ndソロ『High Gear』で、あたしはNeilに「きゃ~」でした。
(っても、リリース当時に聴いてたわけではないのですけれど。)

その『High Gear』参加ミュージシャンは、
Steve Gaddに、マイケル・ブレッカー、そしてギターはBuzz。

前にブログでも書いたSHM-CDに収録の"Night Letter"では、
Buzz Feiten の音がこんなにも良いのかって、 鼻血出ちゃいます!

再度Buzzとタッグを組み、
1980年に『Larsen, Feiten Band』として再スタート。
この『Larsen, Feiten Band』、
2ndからは『Fullmoon』名義になります。
あーややこしい(笑)『new fullmoon』ってことでー。
スポンサーサイト



テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

Buzz Feiten with Brandon Fields

Buzz Feiten with Brandon Fields

1. Hey Dinwiddie
2. Little Sister
3. My Angel
4. Samba
5. Danger Zone
6. If It Ain’t Got Soul

Buzz Feiten – guitar / vocal
Brandon Fields – saxphone
Jerry Watts – bass
Dave Beyer – drums
John Thomas – keyboards

Buzz Feitenのアルバム。
The Rippingtonsでお馴染みのBrandon Fieldsをゲストにむかえた、live音源。
Larsen-Feiten Bandの"Danger Zone"と
NEW FULLMOONん時の曲"Hey Dinwiddie"と"Little Sister"以外は新曲!
エンハンストに"Hey Dinwiddie"はライヴ映像収録。

テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

プロフィール

9356taurus

Author:9356taurus
「9356」です
あれこれ お気に入り
書いてます
よろしくで~す♪

カテゴリ
TOTO (5)
HR/HM (2)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR